水中写真って?[2006/03]
水中の宝捜し

ダイビングの楽しみ方はダイバーの数だけあると思います。無重力感を楽しんだり、洞窟を探検したり、魚を見たり・・・人それぞれに「自分だけのダイビング・スタイル」を持っていることでしょう。
数あるダイビング・スタイルの中でも「水中撮影」にかなり興味を持った私は、今となっては撮影のないダイビングは考えられなくなりました。むしろ、水中撮影をする為にダイビングをするといっても過言ではありません。
ガイドを付けないで潜る時は被写体となる魚を自分で探す必要があります。ただ単に潜るだけでなく、目的をもって行動すること。それは受け身的なダイビングからの脱却でもありました。目的の被写体に出会う為には事前に情報を仕入れたりしなければなりません。これはまるで小学生の時にやった宝捜しゲームのようです。

水中写真を始めてからは魚などの海洋生物に対する知識がすごく増えました。それ以前は、魚の名前なんてタイやマグロ、フグやサメといった食材として知られている種類しか知りません。それが今では名前はもちろん生態や生息場所までイメージできるようになりました。 「レアものですよ!」なんて言われる魚の撮影に成功した日には、宝物を一人占めしたような気分になれます。

水中撮影は私にとって、大切でとっておきの時間を写真という瞬間の媒体に封じ込める手法です。仕上がった水中写真を手にする事で、いつでもその時のダイビングが鮮明に思い出すことができるのです。もしあなたがダイバーなら、ダイビングを楽しむ幅を増やすという意味でも、水中写真をぜひオススメします。

水中撮影のために必要な道具

水中撮影を行うには、大まかに分けて2種類の方法があります。

(1) 陸上のカメラ + 専用ケースを使用する
陸で使用しているカメラを専用のケースに入れて、水中に持ち込む方法です。
専用のケースはメーカー純正で数万円で出ているものから、水深60mを超えるスペックを持つプロ仕様の物まで多岐にわたります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

【コンパクトデジカメ】
カメラの本体価格が10万円以下のコンパクトカメラには、メーカー純正の透明なアクリル製のケースを使用することがほとんどです。ほぼ100%デジカメを使用することになります。液晶モニタを利用しての撮影は慣れると水中でも見やすく、サイズも小さいので、とりあえず始めたい場合はオススメです。ただし、ケース自体の耐久年数も数年程度です。
お手軽ということで初心者向けともとられがちですが、コンパクトデジカメの進化はめざましく、また豊富なオプションパーツ(レンズやストロボなど)を装備することによって、後述する一眼レフカメラを使用するよりもすばらしい写真が撮れる事もあるので、一概にカメラのせいにすることはできません(笑)。

予算の目安:〜10万円程度
Canon Powershot S50と純正ウォータープルーフ WCP-300

【一眼レフカメラ】
レンズだけで10万円を超えるような一眼レフカメラのセットでは、数十万円もするケースを使用することがほとんどです。素材もABS樹脂だったり金属だったり、重く大きく扱いも難しい場合が多くてかなりヘビーデューティーにも耐えうるスペックを持っています。なお一眼レフカメラで使用するケースは一般的に「ハウジング」と呼ばれています。
カメラ本体にハウジング、ストロボと撮影機材がかなり大掛かりなものになるので、撮影スキルもさる事ながらダイビングのスキルも要求されます。もっとも、オートフォーカスの性能も高くピント合わせも簡単であり、仕上がりがもっとも美しいのもこのタイプです。フィルムの場合もデジタルの場合もありますが、デジタル一眼レフの低価格化により、今後はますますこのジャンルが熱くなるのではないでしょうか。

予算の目安:30万円〜無制限(笑)
Nikon F100 と Nexus F100

(2) 水中カメラを使用する
水中での撮影を基本設計してあるカメラです。ニコンの「ニコノス」やSea&Seaの「モーターマリン」シリーズなどが有名で、世界中に愛好家も多く、プロは今でも現役で利用しています。ハウジングなどを使用しなくても本体だけで撮影ができる為、コンパクトに高い機動性を発揮することができます。
ニコンはその不採算から生産をやめてしまい今では新品を購入することはできないので、これから始めるのであればモーターマリンを探すと良いでしょう。基本的には本体だけで水中に持ち込めるだけの性能を有しています。特にモーターマリンの最新型(3型)は標準でストロボ、20mm広角レンズを装備しており非常に合理的で良いカメラだと思います。
ただし、これらは全てフィルムカメラなのでデジタルのカメラが欲しい場合はその時点で対象から外れてしまうでしょう。逆に言うとフィルムカメラでよければサブ機として1台あるとすごく便利かもしれません。かく言う私もワイド写真用に1台欲しいです。
予算の目安:10万円〜30万円

幻の名機 Nikon Nikonos RS

Tazは何を使ってるの?

私は2001年秋からキヤノンのコンパクトデジカメPowerShotS40/S50を最初の水中写真用カメラとして使用していましたが、2005年夏以降はキヤノンのデジタル一眼レフカメラEOS 20Dをメインに使用しています。

※使用するデジカメについては、「使用カメラについて」「水中撮影仕様」もご覧ください。
ページトップ
水中写真トップ
Copyright (C) Cooldiver Project All Rights Reserved.